食と健康 / 腸活 万能発酵調味料「玉ねぎ麹!」で おうちごはんランクアップ!!

管理栄養士目線 Noriko's Cooking

玉ねぎ麴は化学調味料を使わずとも甘味と旨味が加わり、コンソメのかわりにもなる万能発酵調味料。肉を漬けたり、ドレッシングにしたり、スープにしたり、オムレツなどの卵料理にも使えます。発酵の力で、じっくり炒めた玉ねぎのような旨味とコクで深みのある味になり、いつもの料理なのに、外食気分を味わえます!!

玉ねぎ麹の作り方

材料

玉ねぎ       300g

乾燥米麹      100g

塩         30g

作り方

①玉ねぎをすりおろす。フードプロセッサーがあると楽!食感が残る程度の細かいみじん切りでも美味しい!

②乾燥米麹と塩をまんべんなく混ぜておく。

③1と2を混ぜ合わせる。

④ヨーグルトメーカーで60℃で6時間の設定。

⑤できあがり後、混ぜる。

※ピンクグレージュっぽい色の仕上がりです

※冷蔵庫保管で1か月程で使い切ってください

肉に漬け込む場合

肉の重量の10%の玉ねぎ麹に漬け込んで焼く。焦げやすいので火加減注意!

ハンバーグの下味としてもgood!!

ドレッシングにする場合

玉ねぎ麹:酢:オイル=1:1~2:1

玉ねぎの甘味はあるが、甘味をもう少し足したい場合はハチミツを少し足して。

スープにする場合

1カップの水分(豆乳や無塩トマトジュース、野菜スープ等)に対し大さじ1弱の玉ねぎ麴を混ぜる。

カレーを作るときの調味料としても良いです。

卵料理に使う場合

卵3個に対し大さじ1の玉ねぎ麹を混ぜる。オムレツの場合は牛乳を足したり、たまご焼きの場合は出汁をたしたり。

チャーハンの卵に使っても!!

ポテトサラダやカボチャサラダに適量混ぜても美味しい!

玉ねぎ麴は万能で、化学調味料を使わずに時短で味がきまるのでオススメです。体にいいのに美味しく食べられると最高ですね!

 

 

 

関連記事

体験レッスンをお申し込み